まあ不安なんだろう

職場のお客さんで

心の病を患ってる人がいるんだけど

ここしばらく

毎日のように明け方

メールを連投して来られる

内容は客観的には支離滅裂

だけどあちこちに

散らばったワードが

コロナ騒動に関連するもので

多分すごく不安なんだろう

そう思ってたら

電話がかかってくるようになったよ

日に二、三度

方言もあり

内容もシュールで

かなり理解しづらいんだけど

一方的にしゃべるのを

はい、はいと

聞いていると

「じゃ」

みたいな感じで

突然終わる

神経細い人は

世間を覆う不穏な空気

辛いんでしょうね

 

通勤電車で

立ってる人の後ろで

席が空くと

ついつい心の中で

「志村うしろ~!」と

叫んでしまうのですが

今朝もそのシチュエーションで

ふと気づく

志村けんがもういないことに

 

寂しい週明け

自粛モードの週末も終わり

三月も終わりなのに

いきなり寒いのよねえ

やる気ダミダミで出社

そこへ

追い討ちをかけるように

志村けんの訃報

まだ七十

映画を含め

やりたい事

たくさんあっただろうに

寂しい週明けになりました

 

ところで

職場の同僚が

「河内REDSの「時計じかけのオレたち」がイエモンに激似」

と主張するのですよ

とりあえず聞いてみるわ

そう約束して

検索でいきなり

「なにわ」と入力していた

「なにわ イエモン 似てる」

出てこんわ

壮大に迂回してから

件の楽曲の動画に到着

・・・

精進しぃや

 

イエモンはもとより

私にとってのベスト映画

時計じかけのオレンジ」まで

何ですか、こう

触んな~!!!!

みたいな

たぶんコロナで

気が立っているせいだと思います

ミックスリストにちゃっかり

イエモンが並んでるのも

何だかな

 

 

マスク入荷?

雨だし

家でぷらぷら自粛モード

NHK黒澤明の「羅生門」やってるし

つい見てしまう

デジタルリマスター版なので

昔見たのより

格段に高画質

画面いっぱいの圧を感じる

三船敏郎

京マチ子

濡れ濡れと真っ黒な瞳

ところが、内容けっこう忘れてて

え~この後どうなるんだっけ

はらはらしながら見ました

そうそう、コンビニに行くんだった

近所のセブンイレブンに出かけたら

店内に謎の行列

その最後に

「本日のマスクの入荷は9つです。お一人様一つ限り」

と書かれたボードが!

行列は何人だ?

1,2,3・・・

ふと見ると

目の前のお姉さんが

何やら申し訳なさそうな顔をしているので

「9番目ですか?」ときいたら

「そうなんです」

撃沈

よく見たらボードにも

「本日の受付は終了しました」って

あああ

羅生門」見てなかったら

買えたんでしょうか

ともあれ

入荷はしている事が判明

明日の同じ時間に行ったら

定時の便が来るんだろうか

色々気になる

そして

イエモンの4月4日と5日の東京ドームは延期

なんか安心した

強行はやめて~と思ってましたよ

でも中止は・・・

チケットとってた人が悲し過ぎる

でも

中止の可能性もあるという

どうかちゃんと開催できますように

 

 

 

 

やっぱり油断かね

祇園界隈に行きたい用があり

でもどうしようか迷っていたところ

桜が咲き始め

これは来週末だと

絶対混む

そう思って

日曜に決行したら

もう既に十分な人出だった

三連休は

兵庫ー大阪間の往来自粛要請があったけど

その分、こっちにはみ出してんじゃないの?

そう疑う程の賑わい

暖かかったし

もう皆さん外出自粛にうんざりしてるんだろう

屋外なら安心、とかね

 

そういえば

行きの電車で

ハイキング装備の団塊世代さん五、六名

通路はさんで向かいの座席で

大声で喋る、笑うではしゃぎまくり

離れた場所からでも

うるせえうるせえ

プチ・クラスター形成

近くに座ってた男性は

たまらず避難

すごいよねえ

団塊さんのエネルギー

あの調子で一生青春なんだろうか

はしゃぐのはせめて

山に着いてからにしてほしかった

 

なんかやっぱり

私も含め

コロナ、大丈夫なんじゃね?

という油断が出ている気がする

いかんいかん

その夜

NHK特集を見て

まだ全然大丈夫じゃないと

気を引き締めました

もうオリンピックどころじゃないよ

そう思ってたらついに

一年ほど延期という流れに

それがいいよ~

 

 

 

 

 

完結して一気読み

三連休ですが

自粛要請もあったりして

でも天気もいいし

皆さん出歩いてますね

歩く、というより

車が多いよ

軽く渋滞するほど

もう家にいるの疲れた~って感じか

近所を歩いてても

ファミレスとか

のきなみ賑わってるし

 

さて

歩きついでに書店に寄り

萩尾望都王妃マルゴ 8」を購入

何?

帯に「終幕」って・・・

いよいよ完結か!

というわけで

帰宅してじっくり読む

・・・

も一度最初から読も

時間はたっぷりある

しかし

この作品は

読み飛ばすには緻密過ぎるので

そうやすやすと進まないのである

本当に手を抜いてないんだよねえ

同世代の作家に比べて

衰えてないというか

常に期待を裏切らないクオリティ

なんだかんだで

読み終わったら

夜中になってた

 

物語は史実なので

展開そのものに

はらはらするという事はないが

どういう角度から見て

どこに焦点をあてるか

という面白さがある

主人公 マルゴは

従来の萩尾作品にはあまりいないタイプで

恋多き女とはいえ

運命に翻弄されるばかりで

その受け身な流れに

感情移入しづらい部分も・・・

これはもう時代がそうさせたというか

王女と生まれた以上

仕方のない事だけれど

見方を変えれば

この作品の裏主人公は

マルゴの母 カトリーヌ母后

イタリアからフランス王家に嫁ぎ

十人の子をもうけ

夫に先立たれ

息子たちを王位につけ

王家存続のためには

政治的な駆け引きはもとより

人の命を奪う事もためらわない

母である彼女の野心こそが

物語の推進力であり

マルゴはその波によって運ばれてゆく

その先々に魅力的な人物たちが

それぞれの命を花開かせ

ある者はあっけなく

ある者は壮絶に散る

 

命のはかなさと

それ故の輝きと

争いの残酷と不毛

いつの時代にも通じることを

過去の歴史のひとときの中に

きらびやかに縫い込めた作品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

招かれざる客

そろそろ

学校休みのストレスも

たまってくる頃

小学生男子がいる友達んとこ

近所の同級生兄弟が

毎日来るらしい

土日お構いなし

つうか

日曜は

朝八時から登場

寒いし

雨だったので

不憫に思ったばあちゃんが

入れちゃったらしい

友人は

ネグレクトを疑ってるらしいが

さすがに困るよねえ

そのうち

住み着くんじゃないかと

怖い

 

そういえば

ドラッグストアの

開店待ちの列

今日はなくなってた

並んでも無理と

浸透したんだろうか

 

 

出歩く

新型コロナ

今や欧米で患者急増

特にイタリア北部

前いた職場の取引先は

まさにその辺、トリノの近く

あの人やこの人

今、どうしてるだろうと思うと

胸が痛む

 

こちら日本は

寒いけどまずまずの天気

コロナ豚回避のため

買い物のついでに散歩

混雑を避けるため

ショッピングセンターへ

早めに行く

それでも

無印のレジには人が並んでるし

まずまずの人出ではないですか

しかし

婦人服のフォーマル

入学式・卒業式のお母さまファッション

品はずらっと並んでるが

見る人なし

これは本当に

業界的にはキツそう

 

買い物すませて

遠回りして歩いて帰る

車の量はふだんとそう変わらない

桜のつぼみは膨らんでるけど

まだしばらくは

咲きそうもなく

見頃なのは木蓮か?

この花は本当に、一瞬で咲いて散る

沈丁花も今年はフライングで咲いたし

ほかにあちこち見かけるのは

クリスマスローズ

ビオラにパンジー

ムスカリといった

ガーデニング系の花

タンポポも咲いてます

途中

スターバックスの前を通る

閉鎖空間は避けろ

とか言われてるが

スタバは別みたい

空席なさそうな盛況ぶり

皆さん本読んだり

ノートパソコン開いたり

いつものスタバだ

 

ふだん行かないスーパーに寄る

ここも賑わってます

お惣菜とか色々チェックして

結局

きなこ餅を買って帰る

二個二百円

緑茶でいただく

はっ

何のための散歩だ!

ちなみに歩数は9200歩

消費カロリーは260kcl

だそうで