ようやく騎士団長

村上春樹の「騎士団長殺し」(新潮社)

ついに文庫化されたので

ようやく読んだ

経営戦略なのか

一部と二部を二か月に分けて出版するというあざとさ

あたしゃまとめて読むんだよ!

というわけで

全部出るまで待ったよ

それが4月初めのこと

そう、今ちょっと回想しております

さくさくと全4册を読破

ていうかこれ、完結してるのか?

導入部の存在を考えると

まだこの後に続きが・・・

とか思ってしまう

何を隠そう私は

ねじまき鳥クロニクル」を二部まで読み

そういう話か・・・と

納得していた過去があるため

(その時三部は存在していたのに

図書館の棚に一緒に並んでなかったので

二部完結と思っていた)

どうも自分が信じられない

 

さて

1Q84」ほどの深刻さは無く

どちらかといえば軽い気持ちで読んだが

夜中に鈴が鳴ってるあたりで

「か、勘弁して~」と

若干怯えたよ

まあ大事に至らず(?)よかったが

読後は

結局、何なんだろうね

みたいな気分になるんだが

やっぱり面白いのよねえ

 

世の中の読書家には

村上春樹の小説を許容できる人と

そうでない人がいるが

その境界線にはたぶん

「こんな奴は・・・いるのか?」と書いてある

山あいの豪邸に一人で住むインテリ資産家

なんか知らんがやたらと乳首ばかり気にしている少女

そんな奴は・・・

「いねえよ!」と思う人

お帰り下さい

貴方に合った小説は他にもたくさんあります

「いたら面白いだろうな」と思う人

そのまま読書をお楽しみ下さい

まあそんなとこではないかと

 

ところで「騎士団長殺し」の絵

私は勝手に安田靫彦の画風だと想像

卑弥呼だとか聖徳太子だとか王昭君とか

見て来たように

「こんな人です」と描くのがいいよねえ

安田作品は静的なイメージが強いが

「鴻門会」なんかは

動きもあり、緊張感もあり(殺してないけど)

近い感じではないかと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目に虫を12時間

気候がよろしいので

外でお昼を頻繁に食べるが

たまに現れる、あの虫

眼の周りばっかり飛ぶ

うっとうしい奴

小さいくせに

メマトイという名前まであり(当たり前か)

ハエの仲間らしい

眼を狙ってくるのは

涙を舐めたいそうで

なんかアフリカとかの

乾燥したところで

牛の眼にハエがたかってる映像を見たことあるが

あれと同じことらしい

ああ~しかしうっとうしいんだよな

目に入りかけたのを

払ったところ

力が入り過ぎ

目の中に押し込んだかたちに!

ちょっとちょっと

鏡を見ると

うぉぉ

目の中に死んだメマトイがいるよ

取りたいんだけど

微妙にとれない

おまけに昼休み終了

仕方ねえ後でとるか

 

後ほど鏡を見ると

消えた?

でも出てきてないし

たぶん目玉の裏側をさまよってるのでは・・・

こ、怖い

しかし「ブラックジャック」によれば

人体は異物を排出するようにできてるらしい

(あれだ、点滴の針が折れる奴)

と、勝手に解釈して放置

そしたらね

ほぼ12時間後に出てきたよ

ブラックジャック先生ありがとう

しかしだ

メマトイの体内には

東洋線虫という寄生虫がいる事があり

メマトイを介した人体(目)への寄生が

毎年数例は報告されているという

・・・

12時間もあれば

余裕で寄生できるよな

 

とりあえず

目薬を買いました

 

「IKEAの国」へようこそ

おりほー

憶えるとすぐに使いたくなるにわかファン

さて

野球観戦のため

神戸の西の方まで来たので

舞子に泊まる

明石海峡大橋の見えるお部屋ですよ

でも残念なことに

大浴場改修中

とはいえお部屋も広く

満足な寝心地

 

日曜も晴れ

f:id:nyanpokorin:20190513231341j:plain

対岸はもちろん淡路島

昔はこの下を

たこフェリーが行き来したもんだが

 

ビュッフェで豪華な朝食

迷ったものの

和でまとめてみました

姫路おでんもあったけど

満腹したのでパス

蛸飯がおいしかったよ~

f:id:nyanpokorin:20190513231654j:plain

この後にもう一度参戦し

フルーツ、ヨーグルト、スムージーにコーヒーでフィニッシュ

満たされました

 

さて

ホテルを後にして向かったのは

ポートアイランドにあるIKEA神戸

噂には聞いていたが

大きい・・・

なんかこう「IKEAの国」を訪れるような

「パスポート持ったか?」みたいな

期待と興奮

そして中はさながらテーマパーク

こんなリビングや

あんなベッドルームや

あんな子供部屋にキッチンまで

夢いっぱいのディスプレイと

マジか?と疑う

財布に優しいお値段

 

一通り見たところで

レストランでお昼ごはん

朝たらふく食べたくせに

ちゃんと食べられるのよ

セルフ形式で

外国の学食みたいな感じですが

これまた安い

調子に乗って選んでいると

二千円ほどいってしまう

しかしだ

ローストビーフの分厚さは格別

そしてドリンクバー百円!

堪能したものの

食うことに夢中で写真とらず

パンやスイーツもおいしそうだったけど

さすがに多すぎるので断念

 

その後さらに館内をめぐり

ついにレジに到達

その前にセルフサービスエリアと称する

巨大な倉庫があり

買いたいものを自分で棚からピックアップするんだけど

呆れるほど広いし、天井高いし

ほとんどスターウォーズのデススター内部

気分は戦闘機の格納庫ですよ

ああすごかった

というわけでお買い物終了

友人の戦利品はカトラリー

しかし本当に

怖いほどの価格破壊

皿、79円、みたいな

百均より安く

百均よりクオリティ高いものがちらほら

 

お買い物もさることながら

レストランにまた来たい

とりあえず

8月のイエモンライブだね

会場はワールド記念ホールだから

ポートライナー隣の駅でないの!

わくわくするよ

 

 

 

 

 

 

 

 

初・観戦

なんとなんと

昨日は人生初

プロ野球観戦

オリックスVS楽天@神戸ほっともっとスタジアム

15時試合開始って

どれくらいの余裕で

入場しておくべきなのか?

チケットを入手した友人も

野球素人のため

よくわかんね~な感じで

一時間ほど早めに球場へ

地下鉄の「総合運動公園」で下車すると

けっこうな人の波

流されるままに

入ります

内野自由席のチケットなので

ここらあたりか?と

大体の予想をつけ

日陰の席に座る

大誤算

15時プレイボール後

じわじわと太陽が

太陽が…

暑いよ~!!!

帽子、サングラス、タオルで

ほとんどテロリストのような防御態勢

とはいえ

けっこうよく見えるの

f:id:nyanpokorin:20190512234302j:plain

しかしながら

投手の放った球など

速すぎて見えるはずもなく

キャッチャーのわずかな動きより

「投げた」と判断

解説もなーんもないから

多分こうでないの?

みたいな推測をしながら見るが

徐々に慣れてくるとともに

周囲の反応で

今のストライク

とか

よーし打ち取った

とか

わかってくるもんである

試合は

先取したのにピッチャー交代でガタガタになり

三点ばかり入れられるが

その後大逆転という

カタルシスの得られる展開で

あ~楽しかった

ヒットなんか出ると

やっぱり叫んでしまいますね

あ、やはりここはオリックス応援で

残念なことに

選手をほとんど知らず

判ったのはTー岡田とオコエ楽天じゃ)ぐらい

でもこれを機に

今年はオリックスを応援しよう

そう思って色々見てたら

パリーグ最下位だった

頑張れ~

あと

発作的にポンタのぬいぐるみが欲しくなり

今、己の欲望と戦っています

 

試合の後は花火大会

うまく撮れねえ

f:id:nyanpokorin:20190512235326j:plain

 

ちょっと遠出だし

土曜なので

夜は神戸泊



 

正しい休み

ついにGW最終日

といっても十連休じゃないので

さほどの「サヨナラ感」なし

それより

最終日はようやく

家から一歩も出ないという

正しい休みを実践

思えばもう数か月

なんかこう

一日一度は外出してたのよ

やはり休みは

引きこもってなんぼ

しかし天気もよろしく

ついつい

大物の洗濯やら

オーブントースターや水回りの掃除など

やってしまう

前の日にようやくヒーターを片づけ

扇風機が登場

そして夏服も出し

そんな感じでだらだらと

合間にお茶も飲みつつ

さらに

「9999」のおまけ

もとい

初回特典のDVDも見る

ゆっくり見ようと

とっておいたのよ

各地のライブ映像

残念ながら

参戦した回のは収録されてなかったけど・・・

いやあ

イエモンはやっぱりライブですね

その昔

まだ本格的なファンまでいってなかった頃

「SO ALIVE 」の歌声を聴いて

「チンピラかと思ってたけど、もの凄く真剣だ」と

開眼したのを思い出す

今や吉井さんも余裕のある歌い方ですが

ライブになるとやはり

「必死」なところが出てきて

そこがいいのよねえ

このDVDで一番印象的なのは

「O.K.」かな

Drastic Holidayでの演奏

何ともいえん味わいが・・・

それにしても衣裳すごいな

特にエマちゃん

17年12月 東京ドーム「ALRIGHT」のスーツ

見るたびに何故か

ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」を連想

あーもちろん貝殻の上でエマちゃんが

あの衣裳でギター弾いてる姿を・・・

意味不明

 

戯画再び

連休もそろそろ終わるね

とはいえ私は2日も出勤でしたが

休日ダイヤでバスが来ねえし

遅刻するかと思ったわ

さて

ここんとこ読む本を切らしていて

そんな時は古典をリピート

というわけで

平家物語

久々に檀浦から大原御幸まで

ぱらぱら読んでいて

はたと思い出す

明恵の夢と高山寺」展

そろそろ終わりじゃね?

後期の展示替えを見るはずが・・・

あわてて日程確認

5月6日まででした

危ない危ない

本日また香雪美術館へ

前回より賑わってる感じ

とはいえ「大絵巻展」に比べれば余裕

後期は「鳥獣戯画」の丙巻と丁巻の展示です

前期で展示された甲巻と乙巻は

平安時代の作なのに対し

丙巻と丁巻は鎌倉時代、というか

百年ばかり後の作らしい

百年で何が変わったんだよ~

とも思うが

丙巻で暴れまくる蛙たち

ちょっと白目があるため

甲巻よりもシャープな印象

甲巻は蛙も兎も黒目がちで

Kawaiiの要素が強いのよねえ

あと、鳥獣以外に

人間も出てきますが

これがまた生き生きしてる

ざっくりしてるようで

実に的確というか

無駄がない描線

 

さて

後期の目玉は他に

仏眼仏母像」と「明恵上人樹上座禅像」ですが

明恵上人」の方は

あんまり見かけない感じの絵で

細かく描き込まれた草木の

有機的な雰囲気がいいんです

そして瞑想する明恵上人を

頭上でひっそり見守るリスさん

はばたく小鳥たちも含め

ここにこれを描いてしまう

絵師の思い入れというか

これがあるからこそ

明恵上人なんだよ

という気がする

おっと

もちろん子犬も忘れるな

安定の可愛さ

日本犬を飼ったことのある人なら

「あ~うちの子もこうだったよ」と

きっと思うはず

 

今日は天気も快晴で

中之島界隈は賑わってた

川べりに薔薇が植えられてるんだけど

そろそろ見頃で

ちょうど咲き誇っていたこちらの一輪

名前は「ダイアナ プリンセス・オブ・ウェールズ

だそうでf:id:nyanpokorin:20190506000602j:plain

日本じゃここ数日

皇室めでたいネタが続いてるだけに

ダイアナさん・・・

 

BST25フィーチャリングJIZO

あっさりと時代は令和へ

本来なら出勤ですが

天皇即位の日にそんな事してられるか!

休みます

テレビにかじりついて

即位関連をリアルタイムで追うかというと

それもせず

出かけます

大阪は平野区大念佛寺

5月1日から5日まで行われる

「万部おねり」を見るために

 

「おねり」とは

人が極楽往生する時には

阿弥陀如来が菩薩たちを引き連れて

お迎えに来られるという

その情景を

「こんな感じですよ」と

実演してみせるイベントで

今の時代ならVRで行うべきところ

生身の人間が菩薩に扮して現れる

つまりVRの一時代前

「戦隊ショー」的な演出で行われます

 

さて、おねりは午後一時開始

お寺の広い本堂には善男善女が集い

まずは坊様の法話でスタート

その後、御稚児さんやら

関係各位やら

雅楽の奏者やら

様々な人々が

本堂中央の通路から入場

そして最後に二十五体の菩薩

つまりBST25が

しずしずと入場

黄金に輝くお顔

背中には後光が指し

虹色の衣は宙にたなびき

黒々とした御髪が腰まで垂れたお姿

さらに

本日は令和元年最初の日ということで

普段は参加されない

地蔵菩薩が最後につかれます

なんと五十年に三度しかお出ましにならない

貴重な機会

菩薩たちはそれぞれに

香炉や花、笙や琵琶などを手にしており

さながら平等院の雲中供養菩薩が

リアル化した状態

本堂には雅楽が鳴り響き

まさに最高潮

この後、読経に入り

最後は「南無阿弥陀仏」の

コール&レスポンスで

善男善女たちも一体と化して

三時間にわたるライブは終了

あー面白かった

しかしこれがあと四日も続くとは

菩薩さま

くれぐれも身体のメンテをお忘れなく

Show must go on!