この世とあの世の間あたり

旅の二日目

博多からレンタカーで出発し

宗像大社を目指す

この神社では

田心姫神(たごりひめのかみ)

湍津姫神(たぎつひめのかみ)

市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)

三姉妹の神様を祀っていて

それぞれ

沖津宮中津宮辺津宮の社がある

なので三カ所参拝が必要だけれど

沖津宮玄界灘に浮かぶ孤島

しかも女人禁制

というか神職以外上陸禁止のため

中津宮のある大島より遥拝することになる

まずは大島へ渡るため

連絡船の出る神湊港へ

駐車場そばに猫発見

f:id:nyanpokorin:20180225112328j:plain

警戒してるかと思いきや

呼ぶとニャー

行ってきます

f:id:nyanpokorin:20180225112425j:plain

天気よし

f:id:nyanpokorin:20180225110324j:plain

この船でいざ大島へ

晴れてはいるものの

日本海の悪天候の影響か

けっこううねり高し

十五分ほどで大島着

船をおりてしばらくすると

島内を回るバスが来るので乗車

運転手さんによる簡単な案内の後出発

あっという間に

沖津宮遥拝所に到着

バスは十五分ほど後にまた来るので

その間に慌ただしく遥拝所へ

ここから沖ノ島が見えるのは

一年のうち三分の一程度とのことで

この日は快晴

運転手さんも見えるって言ったし!

という事で逸る心が

画面中央を横切るワイヤロープに

f:id:nyanpokorin:20180225111241j:plain

石碑よりも目立つ標語に(出すって何の汗だろう)

f:id:nyanpokorin:20180225111340j:plain

如実に表れております

で、沖ノ島の方向を拝み

見えた!見えてるよ!

f:id:nyanpokorin:20180225111546j:plain

がしかし

あれだけ見えてたのに

写真では…(まあ望遠じゃないしな)

これでぎりぎり

f:id:nyanpokorin:20180225111758j:plain

人間の目って不思議だねえ

水平線に浮かぶ沖ノ島

たしかにそこにあるんだけれど

この世とあの世の間あたり

ある、とない、の境界線に

見えていた

 

戻ってきたバスに乗り

港のそばまで行き

次は中津宮

こちらは山の中腹にあり

f:id:nyanpokorin:20180225112621j:plain

振り返ると

f:id:nyanpokorin:20180225112707j:plain

というわけで参拝を済ませ

再び船に乗って

車で辺津宮を目指す

しかし昼ごはんまだ

道の駅むなかたへ

食堂大混雑のため断念

弁当も売り切れ

近くの食堂に入るも

かなり待たされ

あああ

これでは神宝館を見る時間がなくなる

かなり焦りながら

辺津宮到着

本殿すっとばして

先に神宝館へ

ここには学術調査で収集された

沖ノ島の出土品八万点を収蔵

その一部を展示している

繊細なつくりの金の指輪とか

金銅の豪華な馬具とか

誰にも触れられず

島に眠っていた品々

おっと壁面には藤原新也の撮った

沖ノ島の写真が

サインも入ってるよ

昨夏の東京での展覧会に行きそびれた人は

是非こちらへ

というわけで

ようやく気を落ち着けて

本殿参拝

f:id:nyanpokorin:20180225114505j:plain

本殿から更に奥にある

高宮祭場は

もともとの参拝場所

そこには何もなくて

何もないことの大切さが

伝わってくる

 

というわけで

本日のミッション完了

レンタカーを返し

山口の湯田温泉へと移動

駅から徒歩圏内の温泉街

ガストをはじめ

飲食店充実

炭焼きハンバーグの店で夕食となりました

明日は少し戻って

関門海峡を目指すよ

 

 

 

 

 

 

「王羲之と日本の書」

先週末は福岡へ

吉井さんのソロツアー以来だから

けっこう久しぶり

今回の主な目的地は宗像大社だけど

九州国立博物館の特別展

王羲之と日本の書」が始まったばかりなので

行ってみる

九博は太宰府天満宮のすぐそば

まずは天神様にお参り

やはり先日の寒波が厳しかったのか

梅があと一歩というところで咲いてない

残念

その代わりというわけではないけれど

猿回しを見たよ

f:id:nyanpokorin:20180224232520j:plain

もちろん投げ銭を入れて

九博へ移動

連絡通路は長い長い階段で

もちろんエスカレーターの他

車椅子やベビーカー用のリフトもあり

AKIRA」の爆心地やら

シャルルドゴール空港やら

思い出してしまう

或いは「いよいよ」感のある移動として

MIHO MUSEUMにも似た味わい

というわけで九博到着

f:id:nyanpokorin:20180224233038j:plain

有機的で巨大な建物

中は吹き抜けで

これまたエスカレーターで上がります

でもね

特別展会場は混んでなかった

いやむしろ「がらがら」

はっきり言いましょう

チャンスです

大阪市立美術館で「王羲之から空海へ」の

展示があった時は

混雑しまくっていて

「は、早く次行って…」と

前の人の背中に念を送ったものだが

そんな必要もなく

思う存分

王羲之空海はもとより

仮名の名品を堪能できる

九州エリアの人は是非!

 

今回気に入ったのは

「神歌抄」

平安時代に書かれた

神楽の歌詞を記したものだけれど

出来て間もない

いわば赤子のような

平仮名の姿を見ることができて

感動したよ

 

夜は博多泊

ここはやはり名物で水炊き

「華美鳥」に行ってみた

スープがうめー

ポン酢に黒酢が使われていて

鶏肉に合う

〆はちゃんぽんで

ああ極楽

翌日の宗像大社へ向け

チャージ完了

 

 

 

 

 

 

ふちねこの季節

今年もやってまいりました

ふちねこの季節が

とか言っておいて

実は気づいてなかった

偶然入ったベローチェ

キャンペーンを知る

一緒にいた友人にもご協力いただき

第一ふちねこ獲得

「イカ耳」でした

f:id:nyanpokorin:20180220233751j:plain

今年はこの他に

「ベビー」

「お腹なめ」

「ジャンボ」

「飛び降り」

みんなで五種類

昨年に比べ

毛並みがつるっとしてます

袋の中身は見えないが

ベビーとジャンボは

摸牌の要領で

いける気がする

次の目標は

「お腹なめ」

楽器やってる?

指のひび割れ一進一退

というか

週末よくなり

働き始めるとぶり返す

やばそうな時には

先にテープを巻いておく

その状態で

昼ごはんを食べに行ったところ

お勘定の時に

「楽器でもやってられるんですか?」

ときかれた

いや単なる手荒れですが

ギター特訓中だったりしたら

それはそれで面白い

 

ところで

私にとってギターは

どうもなじめなかった楽器

フレットと音階の関係が

いまひとつピンと来ずじまい

エレクトーンを習っていて

コードを鍵盤から憶えたせいかね

あとやっぱり

Fで指が届かず挫折だな

なのでギターの上手な人には憧れます

昔はよく

高野寛のライブに行ったもんだ

 

というわけで現在

楽器をやってるわけではないが

時間とお金があれば

是非やりたい趣味ナンバーワン

そのいつかに備え

吹奏楽部出身の私は

電車の待ち時間などに

「エア」ロングトーンを実践

今、安定したいい音出てるよ!と

自惚れる瞬間もあり

身体も暖まるので

いいっすよ

たぶん誰かが推奨していた

ロングブレス健康法とかいうのと

理屈は同じではないかと思う

実のところ私は

スポーツは苦手なのに

ジムのプログラムに出てみると

意味もなく体幹が強い方で

これは多分

楽器をやっているうちに

腹筋が使えるようになったのかもしれん

確かに

6/8拍子で8分音符のリズム刻んで2小節に5回のアクセント

(「ウェストサイドストーリー」の「アメリカ」みたいな感じか)

などという練習をしていれば

そういう芸も身につくか

若い頃の苦労(?)

何が役立つか

わらかんもんですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未来、跳ブ

やっぱり見ちゃうねえ

平昌五輪

テレビつけたら

フィギュア団体女子フリーでした

いきなり長洲未来

トリプルアクセルを決め

クリーンな演技を!

これは快挙じゃ

一時はちょっと

背脂のってる感の体型だったのが

すっきりしたとは思っていたが

こんな技を出してくるとは

キャリアの長い選手だけに

継続は力なりを

身をもって示す結果に拍手

 

キャリアが長いといえば

カロリーナ・コストナー

なんかもう

オリンピック会場には必ずいるような

安定の存在感

「牧神の午後への前奏曲」などという

やりにくそうな曲を

いとも優雅に滑ってくれて

しかもオリジナルの

ニジンスキー振り付けのエッセンスもちりばめて

余裕ですな

個人フリーが楽しみです

 

そういえばアイスダンス

日本のペアは坂本龍一で滑ってるけど

ラストエンペラー」からの

「戦メリ」

というつなぎ方は

いかがなものか

世界観バラバラ

曲の知名度って奴ですか

無茶するよなあ

人間が駄目になる

三連休

先週は一日しか休みがなかったので

ありがたや感炸裂

これを寿ぐため

貯まったポイントをかき集め

近くのショッピングセンターの金券

1500円分に交換し

成城石井

ふだん使いじゃないこの店で

ちょっと贅沢な食料を買う

「にわか長者」である

まあ成城石井でこの金額

大したもんは買えないわな

などという冷静な見解はおいといて

回ってみましょう

期限切れギリギリコーナーも魅力だが

本日は獲物なし

そういやバレンタインだし

チョコレートもいいねえ

とはいえ

コートドールとかリンツとか

板チョコ一枚700円とか800円の世界である

早まるな!

チョコなら明治やロッテでも大丈夫

やはりここはドライフルーツで

一番好きなのはアプリコットだが

置いてないのでドライマンゴー

お買い上げ

続いてチーズのコーナーで

ブルーチーズを選ぶ

フランス産とデンマーク産の間で悩み

少しだけ単価の安い

デンマーク産に決定

長者らしからぬ迷い

もうこれだけで千円ぐらいになりました

あとはやっぱりお菓子だね

ここは手堅く

ロータスのカラメルクッキー

しかしいつも思うんだけど

味、ほとんど八ツ橋…

だったら八ツ橋でもいいような

今度比べてみよう

そして残り二百円ぐらいとなって

レトルトのバターチキンカレーで終了

以上、長者のお買い物

 

その帰り道

セブンイレブンに寄り

こないだからずらっと店頭に並び

気になっていた

「濃厚バター&イチゴキャラメルポップコーン」を買う

帰宅して紅茶を淹れ

ポップコーン食べてみた

その名の通り

バター味の粒と

苺キャラメルでコーティングされた粒が混在

うまっ!

しかもどっちも味濃いし

甘いのの後にからいの食べて

またその次に甘いの食べて

あああ

こんなの食べてたら人間が駄目になる!

恐怖を感じるほど美味

しかしこの恐怖ってのは

幸せに慣れてない人の

「そのうち罰が当たるんじゃ…」的な

根拠のない怯えって奴でしょうか

まあいいや

しばらくは色々と

おいしいものを食べて過ごす

 

 

 

 

本来ならここに…

始まったねえ

平昌五輪

昨夜帰宅してテレビをつけると

開会式

ちょうど選手団入場

何?ランダムに入ってくるのか?

と思っていたら

ハングルの五十音ともいうべき

カナダラ順との事で

私にとってはランダムと変わらず

日本の選手は

開会式欠席が多いそうで

体調管理のため

寒さを避けたらしい

今までずっと

ウィンタースポーツ選手は

寒さが平気だと

信じておりました

大きな勘違い

ちなみに私は高校生の時

二泊三日のスキー合宿で

初めてスキー体験

板をかついでゲレンデに出た段階で

寒さのあまり

もう帰りたくなった

練習二日目

ようやく少し曲がれるようになるも

三日目

腹が痛いと嘘をついてサボる

それっきりスキーはやってません

スケートはもう少しましだよ

の、はず

 

なんて事を思い出すうち

目を疑う光景

トンガの旗手が

上半身裸で

オイルにテカりながら入場

やっぱり寒さ平気じゃね?

 

噂の人面鳥は見られず

後ほど画像確認

なるほどねえ

怖いというほどのものでは…

手塚治虫の「三つ目がとおる」に

こんなの出てなかったっけ?

あれはもっと

「猛禽感」があったか

 

こんな具合で

ほぼ競技以外の事ばかり見ている

だって本来なら

ジェイソンも参加していたはずなのに

しかしまあ

競技の世界に「本来なら」はない

今回参加の皆さん

五輪を満喫してね