影武者といえば

知らん間に

張芸謀の新作が公開されとるの

どうも「チャン・イーモウ」という表記に馴染めない

つうか

チャンだろうがチェンだろうが

片仮名よりも漢字の方が

すっと目に入ってくると思うのは

私だけでしょうか

だったら司馬遷もスーマー・チエンにしとけよ

などという屁理屈はおいといて

「SHADOW 影武者」

やはりというべきか

あっという間に上映終了の匂いがしてきたため

急いで劇場へ

 

影武者といえば

どうしたって黒澤作品が頭に浮かぶが

あちらは急ごしらえ

こちらは八つの時から養われてきた

影武者でございます

強国に奪われた領土を取り返したい

弱小国の権力闘争

戦争は避けたい王と

王よりも人望があり

戦いも辞さず、の都督

しかし都督本人は重い病に倒れ

宮廷に出仕しているのは影武者

その秘密を知るのは妻の小艾のみ

というわけで

虚実入り乱れた駆け引きに

王の妹(萌えキャラ担当)の政略結婚と

都督と敵国の将の一騎打ちも加わり

更には秘密の領土奪回作戦

影武者は自由の身になれるのか

色々盛り沢山です

そして

たぶんプロデューサーの意向もあろう

白髪三千丈的に過剰な

戦闘シーンも織り交ぜつつ

ただひたすら雨が降っている

モノトーンの水墨画的世界

後はやっぱりお約束の

覗き見(©「菊豆」)シーンなど

張ワールドが展開

それにしても今作は

かなりのスプラッター

白と黒の中に

ほとばしる赤が炸裂し

ちょっと食傷気味

最後まで

一体誰がどうなるんじゃい

と思わせるが

もしかして監督のスタンスは

全てを知りつつ

「え?こういうオチ?」という顔でラストを迎えた

満身創痍の田戦か?

 

そして宮廷に何枚も掲げられた王の書

あれ何となく

毛沢東の草書を思い出してしまうんだけど

そこまでは狙ってないよな

ともあれ

冒頭とつながった結末が

なかなかに余韻を残します

 

 

 

 

 

 

 

生きてるって事は

暑・・・

判ってます

暑さ寒さも彼岸まで

まだお彼岸じゃないからね

百日紅が咲き

萩が花開き

でも彼岸花はまだ見てない

まあいいわ三連休だし

というわけで読書

星野源「よみがえる変態」文藝春秋

この人のことだから

タイトルからして「蘇る金狼」起源じゃないかと

ちと思うが

これが「蘇る変態」だと

微妙に敬遠したくなる背表紙ですね

あ、元々はそういう表記だったのか

ところで私は「変態」という言葉には

敢えて畏怖の念をこめ

「變態」と表記したいと

歌舞伎を見るたびに思ってしまう

あれは人間の「そーいうとこ」をつきつめた

総合芸術なので

 

それはいいとして

相変わらず淡々と面白い

自己の内面を

ここまでぶっちゃけていいのか?

と思わせつつ

絶妙なバランスで

引きの視点から

己に突っ込みを入れる

前半の随筆はもちろんのこと

やはり圧巻なのは後半の

動脈瘤破裂による

クモ膜下出血からの生還

このネタだけで

もっと分厚い本になりそうだが

押さえた筆致で淡々と

(とはいえ見開き頁を埋め尽くす「痛い」もあり)

突然の発病から復帰

更に再発と開頭手術からの回復という

苛酷な経験を綴ってゆく

とかく闘病経験というのは

辛い苦しいこんな目に遭った

という方向に傾きがちだが

むしろその中にある

濃縮された喜怒哀楽&エロ

つまり生きることの輝きを

書き留めたものである

「生きた証や実感というものは、

その人の外的行動の多さに比例するものではなく、

胸の中にある心の振り子のふり幅の大きさに比例するのだ」

この一文が

どんな状況になっていようと

生きている全ての人を肯定している

 

なんか久しぶりに

昔うけた手術のことなど思い出したわ

やはり気管に入った管を抜くのは

おええええって感じで

あれ何で

寝てるうちに済ませといてくれないんでしょうね

私は腹の手術だったので

術後も小さい穴を残しておき

そこにストローみたいなものを差して

いらない液体を排出してたんだけど

(やばい色になったら手術失敗)

数日たってもう大丈夫だとなり

先生が引き抜いてくれた

その瞬間

腹の中が何とも言えない

むず痒い感じになり

あひゃひゃひゃひゃ

ハラワタにこういう感覚があったとは

びっくりしたなあ

 

 

 

 

 

 

 

楽園

先日のライブ開催地、神戸

神戸といえば

心の楽園

神戸どうぶつ王国

楽園に行こう!

大きな船、じゃなくてポートライナー

f:id:nyanpokorin:20190910000120j:plain

カワウソは

ホテイアオイを食べてたが

これは餌として入れてあるのか?

f:id:nyanpokorin:20190910000250j:plain

鳥たちも相変わらず元気そう

こちらオオハシさん

今回はインコの家には入らず

あそこ、楽しいんだけど

f:id:nyanpokorin:20190910000429j:plain

前回はいなかったピューマ

アンニュイな視線で

f:id:nyanpokorin:20190910000528j:plain

そしてやっぱり

この方たちは別格

垂れ下がってるだけで絵になる

 

他にもコビトカバのお食事とか

スナドリネコさんの魚キャッチ

ミナミコアリクイの親子散歩等々

ええもん見せてもらいました

狼もかっこよかったね

しかし何より

動物のそばにいられるだけで

幸せになれます

近所に住んでたら

絶対年間パスだな

ていうか

このために神戸に引っ越すとか

検討の余地ありか?

とまで思わせる

楽園よ

 

サロメいろいろ

なんか知らんが

好きな画家というのは

最初の一枚を見た時から

「これだ」という気がするもんで

ギュスターヴ・モローの作品を最初に見たのは

中学の美術の教科書に載ってた

「雅歌」でした

で、大人になり

パリのギュスターヴ・モロー美術館へ

ここはもう夢の空間ですね

住まいと作品の両方が堪能できる

しかも壁一面に

これでもかっつう程の密度で

油彩の大盤振る舞い

更にスケッチ、デッサンの類も

スライド式のケースに

一度では見きれないほど

展示されておりました

 

そんな旅の記憶も薄れた頃に

あべのハルカス美術館

ギュスターヴ・モロー サロメと宿命の女たち展」

これは行かねば

というわけで天王寺

場内そう混みあってもおらず

いい感じでゆっくり見られます

今回の目玉は「出現」という

サロメの前にヨカナンの首が浮かんでる作品で

それを中心に

サロメを主題にした作品と

所謂ファムファタール的な

神話に登場する女性たちを主題にした作品で

構成されております

 

油彩の大作もいいんだけど

イデア練ってまーす、的な素描の

繊細なタッチも素晴らしい

そして水彩画も

粗いタッチで仕上げた油彩もいいですね

顔の表情なんか描き込まれてもいないし

抽象画?と錯覚するほどの

簡略化された表現なのに

描かれているものがはっきりと判る

素人が適当に描いても

こうはならないわけで

長年の経験あっての名人芸

特に「スフィンクス」がよかったわ

 

さて

これでもか!というほど

サロメが出てきたが

やっぱサロメはヒールとして人気が高い

そしてオスカー・ワイルドの戯曲で

その人気は不動のものに・・・

私が好きなのはケン・ラッセルの映画

あの悪趣味ともいえるキッチュな映像

モローが見たらどういう感想だか

ちょっと聞いてみたい

そういや初めてパリに行ったときに

バスティーユオペラ座

リヒャルト・シュトラウスの「サロメ」を見たよ

なかなかにふくよかなサロメだったが

ヨカナンの首を、と歌う声には

凄みがあった

 

さて

今回あれこれサロメを見るうち

これは仏像からパクったなと実感

十一面観音あたり

シルエット激似だし

ちょうど東洋美術が西洋に紹介され始めてた頃だし

もちろん他の要素も入ってるでしょうが

そういうところも含めて

好きなんだよねえ

 

ついでにハルカスで昼ごはんをと思い

暑いので冷麺がいいな

韓国料理の店に行ってみたら

すごい並んでて

諦めました

でも安心した

国際問題は色々あるが

食に国境なし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座ったまま英国

新聞を開いた瞬間

「あーっ!!!」と絶叫することなど

滅多にないが

今回はまさにそれで

英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2018/19

ロイヤル・バレエ「ロミオとジュリエット

いきなり上映かよ!

というか、全く情報つかんでなかったので

慌てて行ってきた

音楽プロコフィエフ

ケネス・マクミラン振付

初めて生で見た時に

最前列の席だったせいか

インパクトが強すぎて

私にとっては決定版の組み合わせ

 

本来は劇場から生配信だったらしいが

この度は映画として上映

トータル3時間17分で休憩が2回入り

解説とインタビューもついてくる

盛沢山な内容ですが

価格は3600円

しかしだ

今時、海外のカンパニーのバレエをS席だと

15000円ぐらいするから

適正価格かと

さて今回のジュリエットはヤスミン・ナグディ、ロミオはマシュー・ボール

といってもお二方を拝見するのは

これが初めて

わくわくしながら上映開始

なんかもう

すぐに映画だという事を忘れるくらい

オペラ・ハウスに空間移動というか

16世紀のヴェローナにタイムスリップ

ヤスミンは可愛かったし

マシューのエネルギッシュな踊りも堪能

そしてもちろん音楽も

プロコフィエフの不協和音は最高だあ

マキューシオもよかったね

などなど

見どころをあげればきりがないが

一番ツボにくるのが

父親に結婚を命じられ

一度は絶望しかけたジュリエットが

神父に助けを求めようと決心するシーンで

ジュリエットはベッドに座ってるだけなんだけど

彼女の内面を物語るように

音楽が高まり

悲嘆のどん底から一転

希望に目を輝かせる

この表情の変化がよいのです

ラストシーンより

好きかもしれんな

というわけで

3時間なんかあっという間で

あー楽しかった

今後は情報チェックして

また見るべし

そういえば

NDTが来日してたのも知らなくて

残念・・・

前は埼玉まで見に行ったのによう

 

 

神戸で終わる夏

あー

俺の夏が終わったよ

そんなやさぐれた気分になるほど

燃え尽き状態

イエモンのツアー GRATEFUL SPOONFUL

27日の神戸で私の参戦は終了

福井♧、大阪♡、大阪♢ときて

今回の♤でコンプリート

場所はワールド記念ホール

大阪がけっこう神席だったので

今回のアリーナ席

覚悟はしてたよ

してたんだけどね

やっぱちょっと残念でした

エマちゃん側後方だったけど

前方は女性が多かったんだけど

見えにくい・・・

喩えるなら

京都の路上で五山の送り火を見るも

妙法の妙(エマちゃん)がかろうじて見えるぐらいで

大文字(吉井さん)も左大文字(ヒーセ)も法(アニー)も見えず

船(鶴ちゃん)はもちろん・・・的な

ま、その辺はカメラからの映像に頼るとして

気持ちを切り替えてライブ突入

 

まずは「この恋のかけら」からソフトランディング

なんか調子よさそうだわ

続いて「天道虫」で火薬も爆発し

場内温まってまいりました

なんか噂では

前日ちょっと静かだったとかで

心配しておったのですが

そりゃ追加公演と最初っから気合い入れてチケット押さえた公演では

客の意気込みも違おうというもの

次の「パール」で早くもフルスロットル

やっぱこの曲はいいなあ~

「Love Homme」「サイキックNo.9」と続き

自分的に「9999」で一番ハマってる「Breaking The Hide」

福井で聞いて以来なので嬉しさもひとしお

エマちゃんのフライングV

もしやと思ってたんだよ

ギターソロのコード展開が好きなのよねえ

そして懐かしや「Tactics

更にすっかり定番曲の感のある「砂の塔」ときて

「Changes Far Away」

なんとなくしみじみしているところへ

「JAM」ですよ

今夜もやっぱり名曲だあ

ちょっと涙腺緩む

そこへ聞こえてくる

ジャコウネコの足音

あの映像な

絶対、マライパームシベットって奴だと思うんだけど

実物はなかなかにプリティ

それはおいといて

「Balloon Balloon」

この曲の歌謡曲っぽさがたまらん

そして久々の「パンチドランカー」

あー燃え尽きる~

と思ってたら

そのまま「ROCK STAR」

圧巻の演奏で

これがイエモンの底力だと胸が熱くなる

「ALRIGHT」で再結成当時の興奮を思い出し

「Titta Titta」で現在地に戻る

でもって「甘い経験」

これまた懐かしくも盛り上がる一曲

しかも間奏で暴れ過ぎ

吉井さんが入りを間違うというハプニング

そこからの「お詫び」でもないが

逆手に持ち替えてのチェルシーガール挑戦には

死ぬほど笑ったわ

いいねえーこういうの

と油断させておいて

「SUCK OF LIFE」

ライブはやっぱりこの曲!

エマちゃんとの絡みは随分と短縮されましたが

これがないとな~

場内に溢れかえる煩悩は

「I don't Know」で

青いお空に返します

 

アンコールの拍手はけっこう前のめりになる事が多いのに

今回は慌てず騒がず

なんか落ち着いた一体感があったねえ

「毛皮のコートのブルース」

しみじみ聴き入る

そして「バラ色の日々」を合唱し

「悲しきASIAN BOY」

お約束の電飾と火薬で

「日本の夏、金鳥の夏・・・」という具合に

自分のツアー終了を噛みしめつつ

踊り狂って燃え尽きました

視覚的にはちょっと残念だったが

演奏としては本当に大満足

 

外は雨で

ポートライナーの駅までは

けっこう難民状態の行列でしたが

こちらは鯖江とは違って大増便らしく

思ったより早くポーアイ脱出完了

でもってそのまま三宮泊

しかしこのまま燃え尽きてる場合ではない

次はドームだ

とりあえず名古屋!

 

 

 

 

シベリアのミステリー

暑さを忘れる手段として

寒い本を読む

ドニー・アイカー「死に山 世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相」(河出書房新社

1959年、ソビエト連邦時代のロシアで起きた

冬山での遭難事故

場所はシベリアの入口、ウラル山脈

物理的に極寒なのは当然として

登山経験も豊富な若者九名が

装備をテントに残したまま

軽装で靴もはかず

強風の吹き荒れる雪原に出て行き

そのまま遭難したという

極めて不可解な状況

よって背筋が寒い

 

発生当時は封印されたこの事件が

情報公開で人々に知られるとともに

国家機関の陰謀、UFO、諸説入り乱れつつ

真相は謎のまま

そして遠く離れた現代のロサンゼルスに住む著者が

その謎を解くべく現地に向かう

 

「死に山」というタイトルの

なーんか座りの悪い響きに

まさかトンデモ本な結末ではあるまいな

若干心配するものの

版元のブランドと

刊行後三か月で五刷という売り上げを信じ

ページを繰る

なかなかに凝った構成で

登山隊の出発から遭難までと

捜索活動と

著者の調査活動が

並行して進み

最後にあっと驚く真相解明

・・・・・

あるんですねえ

そういう事が

 

それにしても

冷戦体制下

社会主義国家での生活

自由を享受しているつもりの我々からすると

窮屈で退屈で

灰色の日々に違いないと

思い込みがちであるが

そこにはちゃんと

若者たちの生き生きとした

青春が息づいているのである

謎解きもさることながら

こちらも本書の魅力

戦時中もそうですが

皆が皆

四六時中

息をひそめていたわけではなく

今の我々と同じようなことを

喜び、悲しみ

日々を送っていたんだわ

 

ところで

シベリアのミステリーファイルといえば

ツングースカ

隕石衝突だと言われているが

それじゃ説明できない事も

あるらしいじゃないですか

究極の答えが知りたい・・・